子供の矯正歯科について

歯医者では矯正治療を行っているところも多くありますが、最近は歯並びを良くするための矯正治療は子供のうちにしておいた方がいいという考えが主流になっています。子供の前歯が凸凹だったりかみ合わせが悪かったりする場合、歯医者で矯正治療をすすめられることがあります。矯正治療は小児期の適切な時期に行うことで負担を少なくし、治療期間を短くすることができると考えられています。

子供の時に矯正治療を行う場合、矯正装置によって顎を広げることができるので、将来的に抜歯する可能性を下げることができます。この時に使う矯正装置とは、固定式の器具や取り外しできる器具、マウスピースタイプなど、いくつかのものがあります。だいたい1年から5年ほどの時間をかけて少しずつ顎を広げて、元に戻らないように固定する方法になります。

この顎を広げる治療を行うだけで、凸凹だった前歯が自然と治ることも少なくありません。ただ、強いねじれがあったり、上下の歯のかみ合わせが悪かったりした場合は、前歯にブラケットを付けて歯並びを治す治療も必要になってきます。ブラケットも最近は白いものや透明のものが出てきているので、目立たない状態で治療を続けることができるようになってきました。

歯並びは、口の周りの筋肉の使い方によって悪くなってしまうことが多いと言われています。特に指しゃぶりは歯並びやかみ合わせを悪くさせてしまう可能性が高いため、このような癖を治すことが歯並びを良くすることに効果的な場合も少なくありません。

歯医者を選ぶ時、歯科医師の年齢は気にするべきか

【歯医者を選ぶ基準】
歯医者と言うと、歯をガリガリ削られ、時には痛い思いをする場所なだけに、腕の良い歯医者を捜さなければなりません。腕の悪い歯医者での治療は不要な痛みを強いられるだけでなく、本来必要の無い治療までされてしまう可能性があるのです。では、一体何を基準にして歯医者を選んだら良いのでしょうか。

【歯科医師の年齢】
中には、歯科医師の年齢を基準にして歯医者選びをしている患者さんがいらっしゃいます。口の中を直接触られ、歯を削られる治療を思えば、確かに若過ぎる歯科医に不安を覚えてしまうのは分かりますし、逆に年がいき過ぎている歯科医師だと治療方法が古いんじゃないかと思ってしまうのも確か。

【若い歯科医師】
若い歯科医師で不安になるのは、やはり経験の少なさ。しかし歯科医師の多くは、在学中にしっかりと知識を蓄え、腕を磨いてきた人ばかりなので、一概に年齢が若い事が悪いとは言えません。また、若い歯科医師は新しい技術や設備を取り入れる事に積極的な人が多いので、最先端の治療を受けられる事もあります。

【年をとっている歯科医師】
年を重ねている分、経験豊富。しかし加齢に伴い、視力が低下している可能性もあります。歯を削る治療は若い歯科医師の方が向いているのは確かですが、長年培った経験がありますし、最近では拡大鏡やマイクロスコープなどを用いた治療も行われているので、そこまでのハンディキャップにはならないでしょう。

【年を理由に決めるのは危険】
結局、最後にものを言うのは歯科医師の腕です。年齢で選ぶ事はあまりしないようにしましょう。

歯列矯正の種類

【気になる歯並び】
歯と歯の間に隙間があったり、かみ合わせが悪い場合、歯医者で歯列矯正を行います。子供の頃に歯医者で歯列矯正を行ったと言う方も多いでしょう。

【ブラケット矯正】
最も綺麗にかみ合わせや歯並びを直す事が出来るのが、ブラケット矯正になります。ブラケット矯正の特徴は、矯正装置により一本一本の歯を0.1mm単位で動かす事が出来るので、微細な調整で矯正する事が出来るのです。しかしブラケット矯正を行うためにつける矯正装置は、非常に目立ちます。口を開ければ歯に金属の矯正装置をつけている事がすぐに分かるでしょう。少し前までは銀色の、如何にも金属と言った器具が多かったですが、最近は透明だったり、白いものもあるので、気になる方はそちらを利用すると良いです。

【舌側ブラケット矯正】
ブラケット矯正は矯正装置が目立つのが難点でしたが、下側ブラケット矯正は、歯の裏側にブラケットを装着するので、目立たないのが特徴になります。しかし舌と言う非常に敏感な部位に触れる場所のため、違和感が強く、費用も1.5倍に跳ね上がってしまいます。

【マウスピース矯正】
その名の通り、マウスピースにより少しずつ歯を動かして、矯正していく方法。マウスピースと言うと目立ちそうですが、マウスピース自体は透明のため、あまり目立ちません。しかしマウスピース矯正には、あまり大きな距離を動かす事が出来ないと言うデメリットがありますので、使用には注意が必要です。

歯列矯正の期間と費用

【歯列矯正をする】
歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯になりやすかったり、食べ物を上手く噛む事が出来なくなってしまいます。そのため最近では、歯並びや噛み合わせに問題があれば、子供のうちから歯列矯正を行います。

【歯列矯正の種類】
歯列矯正には、何種類かあります。代表的なものは、ブラケット矯正、舌側ブラケット矯正、マウスピース矯正、部分矯正です。それぞれにメリットデメリットがあるのは勿論ですが、かかる費用や期間も変わってくるので、予算と相談して行うようにしましょう。

【費用と時間】
歯列矯正で多く用いられるのが、ブラケット矯正です。歯に金属の矯正装置をつけている人を見た事がある方は多いでしょう。ブラケット矯正にかかる費用は、約80万円。これに毎月かかる処置費用が5,000円ほどプラスされます。一見すると処置費用はそれほど高額ではありませんが、二年半から三年かかる事を考えると、最終的にはそれなりの額になります。

舌側ブラケット矯正は目立たないものの、ブラケット矯正よりも高額になります。かかる費用は、およそ120万円。加えて、毎月の処置費用が1万円かかり、期間も三年ほどになります。

マウスピース矯正は上下で80万円程度で、期間も1~2年と短めになりますが、マウスピースをちゃんと使用しなければ長引く事もありますので、当人のやる気に左右される矯正法になります。

部分矯正は一部分だけを矯正する方法なので、15万~80万円程度。期間も数ヶ月で終わる場合があります。

インプラント治療の注意点

【インプラントとは】
最近よく聞く、インプラント。インプラントとは、何らかの理由で抜かなければならなくなってしまった歯の代わりに、人工の歯を入れると言うものになります。失われた歯を人工的な歯で埋める、と言う治療は非常に有効な一方で、様々なデメリットがあるのも確かです。

【インプラントはただ詰めるだけじゃない】
歯医者で虫歯の治療をした時、削った部分に詰め物をします。インプラントも似たようなものだろう、と考える人は多いですが、実はそれは誤りです。インプラントは外科的な処置が必要な治療法であり、部分麻酔をして、骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込むのです。決して無くなった所に被せるだけ、なんて簡単なものではありません。インプラントを埋め込む手術の際に血管や神経を傷付けてしまい、後々まで麻痺が残ってしまう可能性もあるのです。

【インプラントを出来ない人も居る】
誰でもインプラント治療を受ける事が出来るわけではありません。骨粗鬆症や、重度の糖尿病患者は、インプラント治療を受ける事が出来ません。これは、骨粗鬆症や糖尿病の場合はインプラントと骨が付かない可能性があったり、治療をしても骨や歯茎が治りにくい事があるためです。骨粗鬆症や糖尿病の方がインプラント治療を希望する場合は、まず掛かり付けの医師に相談しましょう。

【メンテナンスが必要】
無事治療を終えても、定期的なメンテナンスをしないと歯周病になります。人工的な歯と言うと丈夫そうですが、実はインプラントは歯よりも脆いのです。

すぐに削る歯医者

【良い歯医者とは】
歯医者で虫歯が見付かったら、取り敢えず治療のために歯を削ったり抜いたりするものと思いがち。しかし、実は中には削るばかりが良い治療とは言えない虫歯もあります。表面の色が変わっているだけや、まだ様子を見た方が良い虫歯なのに、すぐに削りたがる歯医者には気を付けましょう。では、具体的にはどんな歯医者が良い歯医者なのでしょうか。

【歯科衛生士が口の中を確認する】
歯科衛生士は、歯科医師のように直接的な治療は出来ませんが、それだけに削らずにすむよう努めてくれます。担当の歯科衛生士がついてくれる歯医者であれば、安心して通う事が出来ます。

【記録をしっかりととっている】
レントゲン写真や口腔内写真を撮影し、虫歯がどの程度進行しているのかを詳しく確認していると、治療方針に説得力が増すので、患者としても安心です。レントゲン写真や口腔内写真で現状を正しく把握する事が出来れば、むやみやたらに歯を削る事もなく、削った方が良い虫歯と残しても良い歯を正しく選り分ける事が出来るでしょう。

【虫歯予防に力を入れている】
歯医者は虫歯を治療するだけでなく、虫歯予防の指導を行う事もあります。何が原因で虫歯になったのか、どのようにすれば虫歯にならずにすむのかをしっかりと指導してくれる歯医者は、良い歯医者であると言えるでしょう。歯は削れば削った分だけ悪くなっていくものなので、すぐに削るのではなく、現在の状態をしっかり把握し、虫歯予防の指導をしてくれる歯医者を選ぶようにしましょう。

インプラントのメリット

【インプラント治療を行う】
失われた歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込むインプラント治療を行う人が増えてきました。人工的な歯とは言え、再生しない歯の代わりになるものがあるなら、そこには様々なメリットがあります。

【インプラントが入る事によるメリット】
インプラント治療の最大のメリットは、失われた歯を取り戻す事が出来るのは勿論ですが、周囲の歯に負担をかけずに済むと言う点でしょう。インプラントと似たような治療法としてブリッジ治療があげられますが、ブリッジ治療では残っている歯を削って土台にする必要があります。折角綺麗に残っている歯を削り取ると、その歯の寿命まで短くなってしまいます。しかしインプラント治療では、残った歯を削る事はしません。

またブリッジ治療では、失われた歯と、土台となるその前後の歯、計3本の歯に被せ物をする形になります。そのため、3本の歯のうちどれか1本が虫歯や病気になってしまうと、3本分全ての被せ物を外して治療をする必要があります。その点、インプラントは何か問題があっても、1本分の治療で済みますし、その治療が前後の歯に影響する事はありません。

【インプラントにかかる費用】
インプラントは、基本的に保険の対象外となります。そのため自費診療となるので、決して安い治療法ではありません。基本的には、1本につき30万円から50万円程度の金額がかかるものと考えておいた方が良いでしょう。

親知らず、必ず歯医者で抜くわけではない?

【気になる親知らず】
多くの人が悩まされているのが、親知らずです。普段は意識していない人でも、見えないところで変な風に生えている事もある親知らずは、他の歯に影響したり、歯周病の原因になる事があるため、状況によっては歯医者で抜歯するケースも多いです。実際、親知らずを抜いたと言う話をよく聞くでしょう。

【親知らずは必ず抜くもの?】
親知らずは必ず抜かなければならないもの、と考えている人も多いですが、そんな事はありません。親知らずを抜くのは、あくまで虫歯や歯周病の原因になっている時だけ。歯医者に検診に行った時に何も指摘されなければ、そのままにしておいて大丈夫でしょう。

【親知らずは悪いばかりではない】
親知らずと言うと厄介なもののように感じるかも知れませんが、実は親知らずに助けられていると言う事もあります。中にはちゃんと生えていて、噛み合わせに問題がない親知らずもあり、そのような親知らずは、手前の歯が大きな虫歯になった場合にあえて残すのです。

また、きちんと真っ直ぐ生えている場合も、あえて抜歯する必要はありません。親知らずと言うと横からや斜めから生えてくるケースが多いですが、きちんと生えており、口を開けたり噛み合わせに問題が無ければ、虫歯になった場合でもちゃんと治療する事が出来るため、抜歯せずにすむのです。

【まずは歯医者に】
もし「奥の歯が変な風に生えている気がする」と感じたら、まずは歯医者に行って確かめてもらうと良いでしょう。

歯医者の保健指導

【歯医者の業務】
歯医者と言うと、虫歯を治すイメージが強いですが、未就学児や小学生のお子さんに対して、歯磨きなどの指導を行う保健指導も一つの業務としています。歯磨きなんて親が教えれば良い、と思う人もいらっしゃるかも知れませんが、専門家が口腔保健の正しい知識をお子さんに教える事で、虫歯予防にも繋がるのです。虫歯は生活習慣によるもののため、保健指導でお子さんの歯の健康を守る事が出来ます。

【保健指導を行う専門家】
保健指導を行うのは、歯科衛生士になります。「歯科医師じゃないの?」と不安になるかも知れませんが、保健指導は歯科衛生士の三大業務の一つ。また歯科衛生士は国家資格によって認められた人間のみがなれる職業なので、保健指導に必要な専門的な知識をちゃんと持ち合わせている人ばかりです。安心してお子さんの保健指導をお任せしましょう。

【保健指導の内容】
保健指導の主な内容は、小さなお子さんへの歯磨きの指導と言う印象が強いですが、高齢者の訪問介護での咀嚼や、嚥下、機能訓練などの指導も歯科衛生士が行う保健指導の一環になります。

【どこで保健指導を受けるのか】
保健指導を行うのが歯科衛生士である以上、保健指導を行うには歯医者に行くしかないように思えますが、そんな事はありません。実は歯科衛生士は、歯医者以外にも存在するのです。例えば、保健所や介護施設。また歯科衛生士が保育園や幼稚園、小学校に派遣されて保健指導を行う事もあります。

歯医者で親知らずを抜く場合

【親知らずを抜く】
親知らずが虫歯になると、歯医者では治療ではなく抜歯を行うケースが多いです。これは、親知らずが横からや斜めからなどのように変な生え方をしている上に、基本的に一番奥にある歯のため、治療が困難であるから。しかし一方で、親知らずがあっても抜かずに済む人や、親知らずの虫歯を普通に治療している人も居ます。一体どのような親知らずは歯医者で抜いてもらった方が良いのでしょうか。

【親知らずの生え方】
親知らずの多くは、横からや斜めからと言う、奇妙な生え方をしています。真っ直ぐに生えており、噛み合わせに参加出来ている親知らずであれば問題ありませんが、横からや斜めからと言う生え方をしている親知らずは、抜歯をするケースが多いです。それは、このような生え方をしている親知らずに虫歯が出来てしまった場合、虫歯が手前の歯に移りやすいためです。変な生え方をしている親知らずを抜く事で、他の歯の健康を守ると言う措置になります。

【上手く口が開けられない】
親知らずが生えていると、顎が痛くて口が開けられない場合があります。このような場合も、親知らずの抜歯がすすめられます。

【親知らずの虫歯が神経まで進行している場合】
親知らずの虫歯は厄介で、特に虫歯が神経にまで達していると、治療は困難を極めます。勿論治療をする事も出来ますが、結局その後虫歯が悪化すると言うケースも少なくないため、治療をするよりは抜いてしまう方が確実なのです。