ホーム » 2015 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2015

説明をしっかりしてくれる歯医者を選ぶ

【良い歯医者って?】
しっかり治療してくれる、スタッフの対応が良い、設備が新しいなど、良い歯医者の基準となる点は様々。腕が良いのは第一条件にしても、他にも注目したい点は沢山あります。その中の一つが、ちゃんと説明をしてくれるか、です。

【説明をしてくれない歯医者】
歯科医師の中には、生来無口な人も居れば、患者とのお喋りを好まない人も居ます。そして中には患者が「これはこう言う事ですか?」と聞いても、ろくに答えない歯科医師も存在するのです。聞いた事に満足に答えてくれない歯科医師、皆さんはどう思いますか?そんな医師を信頼する事は出来るでしょうか。

治療について説明をしてくれないと言う事は、患者は不安や疑問を抱えながら治療を受けると言う事になります。歯医者での治療で命に関わる事は殆ど無いとは言え、口の中を直接触られたり、機械で歯を削られる以上、疑問点や不安点は事前に解消しておきたいと言うのが患者の本音でしょう。

【治療前に説明してくれる歯医者を】
何の説明もなく、いきなり歯を削られるのは嫌なものです。しかし、「治療をしますね」で始まり、説明もなく歯を削って詰め物をすると言う歯科医師は意外と多いのも事実。説明をしてくれる歯科医師であるかは実際に行ってみないと分からない事も多いですが、最近ではインターネットの検索エンジンでその歯医者の名称を検索すれば、一緒に口コミサイトもヒットします。口コミは実際にかかった事がある患者の正直な感想なので、歯医者選びの際には口コミサイトを参考にしてみると良いでしょう。

こちらの歯科医院は入れ歯にかなり力を入れていて、説明もかなりしっかりしてくれるようなのでオススメです。

プライベート歯科横濱 http://www.ireba-yokohama.com/

 

口腔内写真を撮ってくれる歯医者

【治療前と治療後を知る】
少し前までは、歯医者に行っても自分の口の中の状態はレントゲン写真くらいでしか確認する事が出来ませんでした。しかし最近は口腔内写真を撮る歯医者が増えています。

口腔内写真とは、その名の通り口腔内の写真。最近では様々な機械が開発され、口の中を撮影する機材もあるので、口腔内写真が容易に撮れますし、それを患者がモニターなどで確認する事も出来るようになりました。

【自分の状態を知る事が出来る】
治療を始める前に、自分の歯がどのような状態なのか知る事が出来るのは、患者にとっても嬉しい事です。やはり、状態も何も分からないまま歯をガリガリと機械で削られるのは不安ですからね。今の状態を知っていると、そこからどのような治療をしていくのかの説明が分かりやすいですし、歯科医師の言葉の説得力も増します。

【治療の記録になる】
口腔内写真は患者にとっても有り難いものですが、歯科医師にとっても明確な治療の記録になるので、非常に重要なものになります。写真に間違いはありませんから、治療前と治療後の写真を比較する事で、どのように変化したのかが一目で分かるようになっています。

また、その時は問題なく治療を終えても、その後治療をした場所に何らかのトラブルが生じる事もあります。そう言う治療後のチェックの際にも、口腔内写真が役に立ちます。

【口腔内写真で記録していれば安心】
全ての歯医者が口腔内写真を用いているわけではありませんが、口腔内写真の有無は良い歯医者選びの判断材料になります。