ホーム » 2015 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2015

インプラント治療を受けられない人とは?

最近注目されているインプラント治療は、様々なメリットがあるので受ける人も増えているようです。入れ歯と違って口の中に違和感がなく固いものを噛めたり、ブリッジのように健康な歯を削る必要のないインプラントは、とても優れた治療法です。ただ、インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込む外科手術が必要になってくるため、身体への負担を考慮する必要があります。人によってはインプラント治療を受けられない場合もあります。

糖尿病の人はインプラント治療に注意が必要です。糖尿病になると血液の循環が悪くなるため、栄養や酸素を十分に送ることができません。そのため術後の傷が治りにくく、免疫力の低下が原因で傷口からの感染もしやすくなってしまうのです。つまり、インプラントの手術後に化膿したり顎の骨とインプラントがうまく結合しないというトラブルが起きる可能性が出てくるのです。ただ、きちんと糖尿病の治療を続けて血糖値のコントロールができていれば、これらのリスクも少なくなるため、インプラントが可能な場合もあります。

心臓病で現在通院していたり、過去に通院していた人も、インプラント治療には慎重になる必要があります。心筋梗塞や狭心症などは手術中に発作を起こす可能性もあるので、インプラントについては主治医によく相談してみるようにしましょう。

高血圧なのに治療をしていない人、薬を飲まずに過ごしている人は、手術中に脳出血や脳梗塞などの合併症を起こす可能性があります。

他にも、肝臓病や腎疾患、骨粗しょう症、がん治療中など、インプラント治療が難しいケースは多くあります。主治医と歯科医に相談し、無理をしないように心がけましょう。

歯医者のスタッフ

【歯医者のスタッフ】
歯医者に通うと、治療を担当する歯科医師の他に何人ものスタッフが居る事に気付きます。歯医者で働くスタッフは、主に歯科医師と、歯科助手、そして歯科衛生士の3種類になります。

歯科医師は何となく想像がつきますよね。口の中の状態を見て、ガリガリと歯を削ったり治療をしていく先生の事です。歯医者さん、と言えば歯科医師でしょう。では、歯科助手と歯科衛生士はどのようなお仕事なのでしょうか。

【歯科衛生士とは】
歯科衛生士は、国に認められた資格を持つ人間だけがなれる職業です。歯科衛生士法により定められた資格であり、資格取得のためには規定に従い必修科目を修めなければなりません。当然、資格取得のためには時間もお金もかかります。しかしその分専門的な業務につく事が出来ます。歯科衛生士の主なお仕事は予防処置、保健指導、診療補助の3つで、特に患者さんの口に直接触れる事になる診療補助は、歯科助手には出来ません。歯科衛生士は不足しがちなので、就職に強く、待遇も良い事が多いです。

【歯科助手とは】
国家資格として認められている歯科衛生士と違い、誰でもなる事が出来る職業になります。資格を必要としないので歯科衛生士よりも敷居が低いものの、歯科衛生士ほど専門的な業務につく事は出来ません。歯科助手の主な業務は、受付やその他の雑務になります。歯科衛生士ほど専門的な知識やスキルは必要ないとは言え、最近では1~2年で学べる歯科助手用のスクールもあります。

インプラントのメリットとは?

虫歯や歯周病、ケガなどによって自分の歯を失ってしまうことは決して少なくありません。そんな時に受ける治療のひとつにインプラントというものがあります。最近はインプラントをすすめる歯医者も増えてきているようです。

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工の歯を固定する方法です。近年主流になりつつある治療方法で、様々なメリットがあると言われています。

まず、インプラントのメリットとしては健康な歯を削る必要がないということが挙げられます。失った歯の左右の歯に橋をかけるように人工の歯を作るブリッジでは固定するための健康な歯を削る必要があり、更に支えとなるため大きな負担がかかるという心配があります。これに対してインプラントであれば、周囲の歯に負担をかけることがありません。

次に、インプラントは天然の歯と変わらない噛み心地を実現することができます。入れ歯などの場合、固い食べ物を噛むことが難しく、食事を楽しめないという声もよく聞きますが、インプラントだったら強い力で食べ物を噛むことができるため、これまでと変わらず食事を楽しむことができます。

他にも、入れ歯のように外れてしまったり口の中に違和感を感じないで済む、天然の歯と変わらない見た目である、治療期間を短くすることができるなど、様々なメリットがあります。

このようにたくさんのメリットがあるインプラントですが、もしもインプラント治療を受けようと思ったら、デメリットについてもきちんと説明を求めるようにしましょう。

子供の矯正治療の必要性について

子供の歯の健診に歯医者に行った時に、矯正治療をすすめられたことがある親御さんは少なくないようです。特に歯が痛いわけでもないし、病気でもないのに、矯正治療を受ける必要があるのだろうか?と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。中には、単に見た目だけの問題なのでは?と思う人もいるかもしれません。子供の矯正治療は、どうして必要なのでしょうか?

最近の子供は昔の子供と比べると顎が細かったり噛む力が弱くなったりしていると言われています。これは日本人の食生活に起因していることが多く、固い食べ物よりも柔らかい食べ物が増えたことによって噛む頻度が減り、顎が発達しなくなったことが原因だと考えられています。顎が発達せず細いままだと、永久歯が生えてきても大きな歯が生えるスペースが足りません。そのため、狭いスペースに永久歯が生えてきてい歯並びが悪くなってしまうのです。

歯が入り組んで生えてしまうと、歯を磨いていても歯ブラシが届かない空間が増えて、磨き残しができてしまいます。つまり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうというわけです。他にも下の位置がずれることで正しい発音ができなくなったり、かみ合わせが悪くなって食べ物をきちんとかめなくなったりという問題も起こってきます。つまり、歯並びが悪いと言うことは、単に見た目だけの問題ではなく、身体に様々なトラブルを引き起こす原因になりかねないということが言えるのです。もちろん、見た目を気にしてコンプレックスを抱えてしまう子供もいます。

もしも、歯医者で子供の矯正治療をすすめられたら、一度きちんと調べてもらうことも頭に入れておきましょう。