ホーム » 治療について » 子供の矯正治療の必要性について

子供の矯正治療の必要性について

子供の歯の健診に歯医者に行った時に、矯正治療をすすめられたことがある親御さんは少なくないようです。特に歯が痛いわけでもないし、病気でもないのに、矯正治療を受ける必要があるのだろうか?と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。中には、単に見た目だけの問題なのでは?と思う人もいるかもしれません。子供の矯正治療は、どうして必要なのでしょうか?

最近の子供は昔の子供と比べると顎が細かったり噛む力が弱くなったりしていると言われています。これは日本人の食生活に起因していることが多く、固い食べ物よりも柔らかい食べ物が増えたことによって噛む頻度が減り、顎が発達しなくなったことが原因だと考えられています。顎が発達せず細いままだと、永久歯が生えてきても大きな歯が生えるスペースが足りません。そのため、狭いスペースに永久歯が生えてきてい歯並びが悪くなってしまうのです。

歯が入り組んで生えてしまうと、歯を磨いていても歯ブラシが届かない空間が増えて、磨き残しができてしまいます。つまり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうというわけです。他にも下の位置がずれることで正しい発音ができなくなったり、かみ合わせが悪くなって食べ物をきちんとかめなくなったりという問題も起こってきます。つまり、歯並びが悪いと言うことは、単に見た目だけの問題ではなく、身体に様々なトラブルを引き起こす原因になりかねないということが言えるのです。もちろん、見た目を気にしてコンプレックスを抱えてしまう子供もいます。

もしも、歯医者で子供の矯正治療をすすめられたら、一度きちんと調べてもらうことも頭に入れておきましょう。