ホーム » 治療について » インプラント治療を受けられない人とは?

インプラント治療を受けられない人とは?

最近注目されているインプラント治療は、様々なメリットがあるので受ける人も増えているようです。入れ歯と違って口の中に違和感がなく固いものを噛めたり、ブリッジのように健康な歯を削る必要のないインプラントは、とても優れた治療法です。ただ、インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込む外科手術が必要になってくるため、身体への負担を考慮する必要があります。人によってはインプラント治療を受けられない場合もあります。

糖尿病の人はインプラント治療に注意が必要です。糖尿病になると血液の循環が悪くなるため、栄養や酸素を十分に送ることができません。そのため術後の傷が治りにくく、免疫力の低下が原因で傷口からの感染もしやすくなってしまうのです。つまり、インプラントの手術後に化膿したり顎の骨とインプラントがうまく結合しないというトラブルが起きる可能性が出てくるのです。ただ、きちんと糖尿病の治療を続けて血糖値のコントロールができていれば、これらのリスクも少なくなるため、インプラントが可能な場合もあります。

心臓病で現在通院していたり、過去に通院していた人も、インプラント治療には慎重になる必要があります。心筋梗塞や狭心症などは手術中に発作を起こす可能性もあるので、インプラントについては主治医によく相談してみるようにしましょう。

高血圧なのに治療をしていない人、薬を飲まずに過ごしている人は、手術中に脳出血や脳梗塞などの合併症を起こす可能性があります。

他にも、肝臓病や腎疾患、骨粗しょう症、がん治療中など、インプラント治療が難しいケースは多くあります。主治医と歯科医に相談し、無理をしないように心がけましょう。