ホーム » 治療について » 歯医者の保健指導

歯医者の保健指導

【歯医者の業務】
歯医者と言うと、虫歯を治すイメージが強いですが、未就学児や小学生のお子さんに対して、歯磨きなどの指導を行う保健指導も一つの業務としています。歯磨きなんて親が教えれば良い、と思う人もいらっしゃるかも知れませんが、専門家が口腔保健の正しい知識をお子さんに教える事で、虫歯予防にも繋がるのです。虫歯は生活習慣によるもののため、保健指導でお子さんの歯の健康を守る事が出来ます。

【保健指導を行う専門家】
保健指導を行うのは、歯科衛生士になります。「歯科医師じゃないの?」と不安になるかも知れませんが、保健指導は歯科衛生士の三大業務の一つ。また歯科衛生士は国家資格によって認められた人間のみがなれる職業なので、保健指導に必要な専門的な知識をちゃんと持ち合わせている人ばかりです。安心してお子さんの保健指導をお任せしましょう。

【保健指導の内容】
保健指導の主な内容は、小さなお子さんへの歯磨きの指導と言う印象が強いですが、高齢者の訪問介護での咀嚼や、嚥下、機能訓練などの指導も歯科衛生士が行う保健指導の一環になります。

【どこで保健指導を受けるのか】
保健指導を行うのが歯科衛生士である以上、保健指導を行うには歯医者に行くしかないように思えますが、そんな事はありません。実は歯科衛生士は、歯医者以外にも存在するのです。例えば、保健所や介護施設。また歯科衛生士が保育園や幼稚園、小学校に派遣されて保健指導を行う事もあります。