ホーム » 治療について » 親知らず、必ず歯医者で抜くわけではない?

親知らず、必ず歯医者で抜くわけではない?

【気になる親知らず】
多くの人が悩まされているのが、親知らずです。普段は意識していない人でも、見えないところで変な風に生えている事もある親知らずは、他の歯に影響したり、歯周病の原因になる事があるため、状況によっては歯医者で抜歯するケースも多いです。実際、親知らずを抜いたと言う話をよく聞くでしょう。

【親知らずは必ず抜くもの?】
親知らずは必ず抜かなければならないもの、と考えている人も多いですが、そんな事はありません。親知らずを抜くのは、あくまで虫歯や歯周病の原因になっている時だけ。歯医者に検診に行った時に何も指摘されなければ、そのままにしておいて大丈夫でしょう。

【親知らずは悪いばかりではない】
親知らずと言うと厄介なもののように感じるかも知れませんが、実は親知らずに助けられていると言う事もあります。中にはちゃんと生えていて、噛み合わせに問題がない親知らずもあり、そのような親知らずは、手前の歯が大きな虫歯になった場合にあえて残すのです。

また、きちんと真っ直ぐ生えている場合も、あえて抜歯する必要はありません。親知らずと言うと横からや斜めから生えてくるケースが多いですが、きちんと生えており、口を開けたり噛み合わせに問題が無ければ、虫歯になった場合でもちゃんと治療する事が出来るため、抜歯せずにすむのです。

【まずは歯医者に】
もし「奥の歯が変な風に生えている気がする」と感じたら、まずは歯医者に行って確かめてもらうと良いでしょう。