ホーム » 2016 » 3月

月別アーカイブ: 3月 2016

すぐに削る歯医者

【良い歯医者とは】
歯医者で虫歯が見付かったら、取り敢えず治療のために歯を削ったり抜いたりするものと思いがち。しかし、実は中には削るばかりが良い治療とは言えない虫歯もあります。表面の色が変わっているだけや、まだ様子を見た方が良い虫歯なのに、すぐに削りたがる歯医者には気を付けましょう。では、具体的にはどんな歯医者が良い歯医者なのでしょうか。

【歯科衛生士が口の中を確認する】
歯科衛生士は、歯科医師のように直接的な治療は出来ませんが、それだけに削らずにすむよう努めてくれます。担当の歯科衛生士がついてくれる歯医者であれば、安心して通う事が出来ます。

【記録をしっかりととっている】
レントゲン写真や口腔内写真を撮影し、虫歯がどの程度進行しているのかを詳しく確認していると、治療方針に説得力が増すので、患者としても安心です。レントゲン写真や口腔内写真で現状を正しく把握する事が出来れば、むやみやたらに歯を削る事もなく、削った方が良い虫歯と残しても良い歯を正しく選り分ける事が出来るでしょう。

【虫歯予防に力を入れている】
歯医者は虫歯を治療するだけでなく、虫歯予防の指導を行う事もあります。何が原因で虫歯になったのか、どのようにすれば虫歯にならずにすむのかをしっかりと指導してくれる歯医者は、良い歯医者であると言えるでしょう。歯は削れば削った分だけ悪くなっていくものなので、すぐに削るのではなく、現在の状態をしっかり把握し、虫歯予防の指導をしてくれる歯医者を選ぶようにしましょう。

インプラントのメリット

【インプラント治療を行う】
失われた歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込むインプラント治療を行う人が増えてきました。人工的な歯とは言え、再生しない歯の代わりになるものがあるなら、そこには様々なメリットがあります。

【インプラントが入る事によるメリット】
インプラント治療の最大のメリットは、失われた歯を取り戻す事が出来るのは勿論ですが、周囲の歯に負担をかけずに済むと言う点でしょう。インプラントと似たような治療法としてブリッジ治療があげられますが、ブリッジ治療では残っている歯を削って土台にする必要があります。折角綺麗に残っている歯を削り取ると、その歯の寿命まで短くなってしまいます。しかしインプラント治療では、残った歯を削る事はしません。

またブリッジ治療では、失われた歯と、土台となるその前後の歯、計3本の歯に被せ物をする形になります。そのため、3本の歯のうちどれか1本が虫歯や病気になってしまうと、3本分全ての被せ物を外して治療をする必要があります。その点、インプラントは何か問題があっても、1本分の治療で済みますし、その治療が前後の歯に影響する事はありません。

【インプラントにかかる費用】
インプラントは、基本的に保険の対象外となります。そのため自費診療となるので、決して安い治療法ではありません。基本的には、1本につき30万円から50万円程度の金額がかかるものと考えておいた方が良いでしょう。