ホーム » 2016 » 4月

月別アーカイブ: 4月 2016

歯列矯正の期間と費用

【歯列矯正をする】
歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯になりやすかったり、食べ物を上手く噛む事が出来なくなってしまいます。そのため最近では、歯並びや噛み合わせに問題があれば、子供のうちから歯列矯正を行います。

【歯列矯正の種類】
歯列矯正には、何種類かあります。代表的なものは、ブラケット矯正、舌側ブラケット矯正、マウスピース矯正、部分矯正です。それぞれにメリットデメリットがあるのは勿論ですが、かかる費用や期間も変わってくるので、予算と相談して行うようにしましょう。

【費用と時間】
歯列矯正で多く用いられるのが、ブラケット矯正です。歯に金属の矯正装置をつけている人を見た事がある方は多いでしょう。ブラケット矯正にかかる費用は、約80万円。これに毎月かかる処置費用が5,000円ほどプラスされます。一見すると処置費用はそれほど高額ではありませんが、二年半から三年かかる事を考えると、最終的にはそれなりの額になります。

舌側ブラケット矯正は目立たないものの、ブラケット矯正よりも高額になります。かかる費用は、およそ120万円。加えて、毎月の処置費用が1万円かかり、期間も三年ほどになります。

マウスピース矯正は上下で80万円程度で、期間も1~2年と短めになりますが、マウスピースをちゃんと使用しなければ長引く事もありますので、当人のやる気に左右される矯正法になります。

部分矯正は一部分だけを矯正する方法なので、15万~80万円程度。期間も数ヶ月で終わる場合があります。

インプラント治療の注意点

【インプラントとは】
最近よく聞く、インプラント。インプラントとは、何らかの理由で抜かなければならなくなってしまった歯の代わりに、人工の歯を入れると言うものになります。失われた歯を人工的な歯で埋める、と言う治療は非常に有効な一方で、様々なデメリットがあるのも確かです。

【インプラントはただ詰めるだけじゃない】
歯医者で虫歯の治療をした時、削った部分に詰め物をします。インプラントも似たようなものだろう、と考える人は多いですが、実はそれは誤りです。インプラントは外科的な処置が必要な治療法であり、部分麻酔をして、骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込むのです。決して無くなった所に被せるだけ、なんて簡単なものではありません。インプラントを埋め込む手術の際に血管や神経を傷付けてしまい、後々まで麻痺が残ってしまう可能性もあるのです。

【インプラントを出来ない人も居る】
誰でもインプラント治療を受ける事が出来るわけではありません。骨粗鬆症や、重度の糖尿病患者は、インプラント治療を受ける事が出来ません。これは、骨粗鬆症や糖尿病の場合はインプラントと骨が付かない可能性があったり、治療をしても骨や歯茎が治りにくい事があるためです。骨粗鬆症や糖尿病の方がインプラント治療を希望する場合は、まず掛かり付けの医師に相談しましょう。

【メンテナンスが必要】
無事治療を終えても、定期的なメンテナンスをしないと歯周病になります。人工的な歯と言うと丈夫そうですが、実はインプラントは歯よりも脆いのです。