ホーム » メリットデメリット » インプラント治療の注意点

インプラント治療の注意点

【インプラントとは】
最近よく聞く、インプラント。インプラントとは、何らかの理由で抜かなければならなくなってしまった歯の代わりに、人工の歯を入れると言うものになります。失われた歯を人工的な歯で埋める、と言う治療は非常に有効な一方で、様々なデメリットがあるのも確かです。

【インプラントはただ詰めるだけじゃない】
歯医者で虫歯の治療をした時、削った部分に詰め物をします。インプラントも似たようなものだろう、と考える人は多いですが、実はそれは誤りです。インプラントは外科的な処置が必要な治療法であり、部分麻酔をして、骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込むのです。決して無くなった所に被せるだけ、なんて簡単なものではありません。インプラントを埋め込む手術の際に血管や神経を傷付けてしまい、後々まで麻痺が残ってしまう可能性もあるのです。

【インプラントを出来ない人も居る】
誰でもインプラント治療を受ける事が出来るわけではありません。骨粗鬆症や、重度の糖尿病患者は、インプラント治療を受ける事が出来ません。これは、骨粗鬆症や糖尿病の場合はインプラントと骨が付かない可能性があったり、治療をしても骨や歯茎が治りにくい事があるためです。骨粗鬆症や糖尿病の方がインプラント治療を希望する場合は、まず掛かり付けの医師に相談しましょう。

【メンテナンスが必要】
無事治療を終えても、定期的なメンテナンスをしないと歯周病になります。人工的な歯と言うと丈夫そうですが、実はインプラントは歯よりも脆いのです。