ホーム » 2016 » 5月

月別アーカイブ: 5月 2016

子供の矯正歯科について

歯医者では矯正治療を行っているところも多くありますが、最近は歯並びを良くするための矯正治療は子供のうちにしておいた方がいいという考えが主流になっています。子供の前歯が凸凹だったりかみ合わせが悪かったりする場合、歯医者で矯正治療をすすめられることがあります。矯正治療は小児期の適切な時期に行うことで負担を少なくし、治療期間を短くすることができると考えられています。

子供の時に矯正治療を行う場合、矯正装置によって顎を広げることができるので、将来的に抜歯する可能性を下げることができます。この時に使う矯正装置とは、固定式の器具や取り外しできる器具、マウスピースタイプなど、いくつかのものがあります。だいたい1年から5年ほどの時間をかけて少しずつ顎を広げて、元に戻らないように固定する方法になります。

この顎を広げる治療を行うだけで、凸凹だった前歯が自然と治ることも少なくありません。ただ、強いねじれがあったり、上下の歯のかみ合わせが悪かったりした場合は、前歯にブラケットを付けて歯並びを治す治療も必要になってきます。ブラケットも最近は白いものや透明のものが出てきているので、目立たない状態で治療を続けることができるようになってきました。

歯並びは、口の周りの筋肉の使い方によって悪くなってしまうことが多いと言われています。特に指しゃぶりは歯並びやかみ合わせを悪くさせてしまう可能性が高いため、このような癖を治すことが歯並びを良くすることに効果的な場合も少なくありません。

歯医者を選ぶ時、歯科医師の年齢は気にするべきか

【歯医者を選ぶ基準】
歯医者と言うと、歯をガリガリ削られ、時には痛い思いをする場所なだけに、腕の良い歯医者を捜さなければなりません。腕の悪い歯医者での治療は不要な痛みを強いられるだけでなく、本来必要の無い治療までされてしまう可能性があるのです。では、一体何を基準にして歯医者を選んだら良いのでしょうか。

【歯科医師の年齢】
中には、歯科医師の年齢を基準にして歯医者選びをしている患者さんがいらっしゃいます。口の中を直接触られ、歯を削られる治療を思えば、確かに若過ぎる歯科医に不安を覚えてしまうのは分かりますし、逆に年がいき過ぎている歯科医師だと治療方法が古いんじゃないかと思ってしまうのも確か。

【若い歯科医師】
若い歯科医師で不安になるのは、やはり経験の少なさ。しかし歯科医師の多くは、在学中にしっかりと知識を蓄え、腕を磨いてきた人ばかりなので、一概に年齢が若い事が悪いとは言えません。また、若い歯科医師は新しい技術や設備を取り入れる事に積極的な人が多いので、最先端の治療を受けられる事もあります。

【年をとっている歯科医師】
年を重ねている分、経験豊富。しかし加齢に伴い、視力が低下している可能性もあります。歯を削る治療は若い歯科医師の方が向いているのは確かですが、長年培った経験がありますし、最近では拡大鏡やマイクロスコープなどを用いた治療も行われているので、そこまでのハンディキャップにはならないでしょう。

【年を理由に決めるのは危険】
結局、最後にものを言うのは歯科医師の腕です。年齢で選ぶ事はあまりしないようにしましょう。

歯列矯正の種類

【気になる歯並び】
歯と歯の間に隙間があったり、かみ合わせが悪い場合、歯医者で歯列矯正を行います。子供の頃に歯医者で歯列矯正を行ったと言う方も多いでしょう。

【ブラケット矯正】
最も綺麗にかみ合わせや歯並びを直す事が出来るのが、ブラケット矯正になります。ブラケット矯正の特徴は、矯正装置により一本一本の歯を0.1mm単位で動かす事が出来るので、微細な調整で矯正する事が出来るのです。しかしブラケット矯正を行うためにつける矯正装置は、非常に目立ちます。口を開ければ歯に金属の矯正装置をつけている事がすぐに分かるでしょう。少し前までは銀色の、如何にも金属と言った器具が多かったですが、最近は透明だったり、白いものもあるので、気になる方はそちらを利用すると良いです。

【舌側ブラケット矯正】
ブラケット矯正は矯正装置が目立つのが難点でしたが、下側ブラケット矯正は、歯の裏側にブラケットを装着するので、目立たないのが特徴になります。しかし舌と言う非常に敏感な部位に触れる場所のため、違和感が強く、費用も1.5倍に跳ね上がってしまいます。

【マウスピース矯正】
その名の通り、マウスピースにより少しずつ歯を動かして、矯正していく方法。マウスピースと言うと目立ちそうですが、マウスピース自体は透明のため、あまり目立ちません。しかしマウスピース矯正には、あまり大きな距離を動かす事が出来ないと言うデメリットがありますので、使用には注意が必要です。