ホーム » 治療について » 歯列矯正の種類

歯列矯正の種類

【気になる歯並び】
歯と歯の間に隙間があったり、かみ合わせが悪い場合、歯医者で歯列矯正を行います。子供の頃に歯医者で歯列矯正を行ったと言う方も多いでしょう。

【ブラケット矯正】
最も綺麗にかみ合わせや歯並びを直す事が出来るのが、ブラケット矯正になります。ブラケット矯正の特徴は、矯正装置により一本一本の歯を0.1mm単位で動かす事が出来るので、微細な調整で矯正する事が出来るのです。しかしブラケット矯正を行うためにつける矯正装置は、非常に目立ちます。口を開ければ歯に金属の矯正装置をつけている事がすぐに分かるでしょう。少し前までは銀色の、如何にも金属と言った器具が多かったですが、最近は透明だったり、白いものもあるので、気になる方はそちらを利用すると良いです。

【舌側ブラケット矯正】
ブラケット矯正は矯正装置が目立つのが難点でしたが、下側ブラケット矯正は、歯の裏側にブラケットを装着するので、目立たないのが特徴になります。しかし舌と言う非常に敏感な部位に触れる場所のため、違和感が強く、費用も1.5倍に跳ね上がってしまいます。

【マウスピース矯正】
その名の通り、マウスピースにより少しずつ歯を動かして、矯正していく方法。マウスピースと言うと目立ちそうですが、マウスピース自体は透明のため、あまり目立ちません。しかしマウスピース矯正には、あまり大きな距離を動かす事が出来ないと言うデメリットがありますので、使用には注意が必要です。