ホーム » 歯医者の選び方 » 歯医者を選ぶ時、歯科医師の年齢は気にするべきか

歯医者を選ぶ時、歯科医師の年齢は気にするべきか

【歯医者を選ぶ基準】
歯医者と言うと、歯をガリガリ削られ、時には痛い思いをする場所なだけに、腕の良い歯医者を捜さなければなりません。腕の悪い歯医者での治療は不要な痛みを強いられるだけでなく、本来必要の無い治療までされてしまう可能性があるのです。では、一体何を基準にして歯医者を選んだら良いのでしょうか。

【歯科医師の年齢】
中には、歯科医師の年齢を基準にして歯医者選びをしている患者さんがいらっしゃいます。口の中を直接触られ、歯を削られる治療を思えば、確かに若過ぎる歯科医に不安を覚えてしまうのは分かりますし、逆に年がいき過ぎている歯科医師だと治療方法が古いんじゃないかと思ってしまうのも確か。

【若い歯科医師】
若い歯科医師で不安になるのは、やはり経験の少なさ。しかし歯科医師の多くは、在学中にしっかりと知識を蓄え、腕を磨いてきた人ばかりなので、一概に年齢が若い事が悪いとは言えません。また、若い歯科医師は新しい技術や設備を取り入れる事に積極的な人が多いので、最先端の治療を受けられる事もあります。

【年をとっている歯科医師】
年を重ねている分、経験豊富。しかし加齢に伴い、視力が低下している可能性もあります。歯を削る治療は若い歯科医師の方が向いているのは確かですが、長年培った経験がありますし、最近では拡大鏡やマイクロスコープなどを用いた治療も行われているので、そこまでのハンディキャップにはならないでしょう。

【年を理由に決めるのは危険】
結局、最後にものを言うのは歯科医師の腕です。年齢で選ぶ事はあまりしないようにしましょう。