ホーム » 治療について » 子供の矯正歯科について

子供の矯正歯科について

歯医者では矯正治療を行っているところも多くありますが、最近は歯並びを良くするための矯正治療は子供のうちにしておいた方がいいという考えが主流になっています。子供の前歯が凸凹だったりかみ合わせが悪かったりする場合、歯医者で矯正治療をすすめられることがあります。矯正治療は小児期の適切な時期に行うことで負担を少なくし、治療期間を短くすることができると考えられています。

子供の時に矯正治療を行う場合、矯正装置によって顎を広げることができるので、将来的に抜歯する可能性を下げることができます。この時に使う矯正装置とは、固定式の器具や取り外しできる器具、マウスピースタイプなど、いくつかのものがあります。だいたい1年から5年ほどの時間をかけて少しずつ顎を広げて、元に戻らないように固定する方法になります。

この顎を広げる治療を行うだけで、凸凹だった前歯が自然と治ることも少なくありません。ただ、強いねじれがあったり、上下の歯のかみ合わせが悪かったりした場合は、前歯にブラケットを付けて歯並びを治す治療も必要になってきます。ブラケットも最近は白いものや透明のものが出てきているので、目立たない状態で治療を続けることができるようになってきました。

歯並びは、口の周りの筋肉の使い方によって悪くなってしまうことが多いと言われています。特に指しゃぶりは歯並びやかみ合わせを悪くさせてしまう可能性が高いため、このような癖を治すことが歯並びを良くすることに効果的な場合も少なくありません。