ホーム » メリットデメリット

カテゴリー別アーカイブ: メリットデメリット

インプラント治療の注意点

【インプラントとは】
最近よく聞く、インプラント。インプラントとは、何らかの理由で抜かなければならなくなってしまった歯の代わりに、人工の歯を入れると言うものになります。失われた歯を人工的な歯で埋める、と言う治療は非常に有効な一方で、様々なデメリットがあるのも確かです。

【インプラントはただ詰めるだけじゃない】
歯医者で虫歯の治療をした時、削った部分に詰め物をします。インプラントも似たようなものだろう、と考える人は多いですが、実はそれは誤りです。インプラントは外科的な処置が必要な治療法であり、部分麻酔をして、骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込むのです。決して無くなった所に被せるだけ、なんて簡単なものではありません。インプラントを埋め込む手術の際に血管や神経を傷付けてしまい、後々まで麻痺が残ってしまう可能性もあるのです。

【インプラントを出来ない人も居る】
誰でもインプラント治療を受ける事が出来るわけではありません。骨粗鬆症や、重度の糖尿病患者は、インプラント治療を受ける事が出来ません。これは、骨粗鬆症や糖尿病の場合はインプラントと骨が付かない可能性があったり、治療をしても骨や歯茎が治りにくい事があるためです。骨粗鬆症や糖尿病の方がインプラント治療を希望する場合は、まず掛かり付けの医師に相談しましょう。

【メンテナンスが必要】
無事治療を終えても、定期的なメンテナンスをしないと歯周病になります。人工的な歯と言うと丈夫そうですが、実はインプラントは歯よりも脆いのです。

インプラントのメリット

【インプラント治療を行う】
失われた歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込むインプラント治療を行う人が増えてきました。人工的な歯とは言え、再生しない歯の代わりになるものがあるなら、そこには様々なメリットがあります。

【インプラントが入る事によるメリット】
インプラント治療の最大のメリットは、失われた歯を取り戻す事が出来るのは勿論ですが、周囲の歯に負担をかけずに済むと言う点でしょう。インプラントと似たような治療法としてブリッジ治療があげられますが、ブリッジ治療では残っている歯を削って土台にする必要があります。折角綺麗に残っている歯を削り取ると、その歯の寿命まで短くなってしまいます。しかしインプラント治療では、残った歯を削る事はしません。

またブリッジ治療では、失われた歯と、土台となるその前後の歯、計3本の歯に被せ物をする形になります。そのため、3本の歯のうちどれか1本が虫歯や病気になってしまうと、3本分全ての被せ物を外して治療をする必要があります。その点、インプラントは何か問題があっても、1本分の治療で済みますし、その治療が前後の歯に影響する事はありません。

【インプラントにかかる費用】
インプラントは、基本的に保険の対象外となります。そのため自費診療となるので、決して安い治療法ではありません。基本的には、1本につき30万円から50万円程度の金額がかかるものと考えておいた方が良いでしょう。

インプラントのメリットとは?

虫歯や歯周病、ケガなどによって自分の歯を失ってしまうことは決して少なくありません。そんな時に受ける治療のひとつにインプラントというものがあります。最近はインプラントをすすめる歯医者も増えてきているようです。

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工の歯を固定する方法です。近年主流になりつつある治療方法で、様々なメリットがあると言われています。

まず、インプラントのメリットとしては健康な歯を削る必要がないということが挙げられます。失った歯の左右の歯に橋をかけるように人工の歯を作るブリッジでは固定するための健康な歯を削る必要があり、更に支えとなるため大きな負担がかかるという心配があります。これに対してインプラントであれば、周囲の歯に負担をかけることがありません。

次に、インプラントは天然の歯と変わらない噛み心地を実現することができます。入れ歯などの場合、固い食べ物を噛むことが難しく、食事を楽しめないという声もよく聞きますが、インプラントだったら強い力で食べ物を噛むことができるため、これまでと変わらず食事を楽しむことができます。

他にも、入れ歯のように外れてしまったり口の中に違和感を感じないで済む、天然の歯と変わらない見た目である、治療期間を短くすることができるなど、様々なメリットがあります。

このようにたくさんのメリットがあるインプラントですが、もしもインプラント治療を受けようと思ったら、デメリットについてもきちんと説明を求めるようにしましょう。